QLOOKアクセス解析
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
スポンサー広告
2010/11/27.Sat

Twins Party!


揃って集まるのは5年振り!?
月日が経つのは驚くほどににあっという間だと
改めて実感しながら懐かしいメンバーでディナータイム♪

店内めちゃくちゃ賑やかで
なんとなく落ち着かなかったけど
お料理は美味♪

生まれて初めて蝦夷鹿を食す>^_^<


今日のメンバーはみんな双子の子を持つ友人たち

双子の子育てサークル
「ツインズパーティー」の創設メンバー

それぞれが初めての育児
同じように手探りで悩みながらも
情報交換したり
苦労を共有したり
いわゆる戦友!

それぞれ試行錯誤しながら
精いっぱいの育児をしながらも
同じように頑張っているママたちからも
たくさんのパワーを分けて貰うことが出来た大切な存在


子供たちが幼稚園に入り
それぞれ仕事を持ったり
転居したりして
それまでのように集うことは少なくなってしまっても

いつも心は繋がっていて

子供たちがみんな高校生になったいまでは
双子のママとしてだけでなく
私の大切な友人

それでも、大きくなった子供たちにも悩みは尽きず
きっとこれからもずっと戦友(^_^;)







web拍手 by FC2


私がTwinsを出産するまで働いていた職場は
子育てしながら働くにはとても良い環境で
産後復帰率100%!

当然、私も復帰を検討しましたが、
子供たちを保育園に預けた際の保育料が
その当時2人で10万円\(◎o◎)/!
この現実にかなり抵抗を感じたこと

さらには、「男が稼ぎ女は家を守る」という
かなり古風なポリシーを持つ主人

よって、妊娠8カ月で退職し
専業主婦の道へ(*^_^*)


初めてのお産が双子ということもあり
主人も母も大変手を貸してくれていたので
もしかすると、普通に1人の子を育てたママさんよりも
楽をさせて貰ったかも^_^;

生後6カ月まで通って手伝いに来てくれていた母は
ついには腰を痛め、リタイア

1年間夜泣きと夜の授乳に専任として働いてくれた主人は
未だにその辛さを忘れることが出来ないらしい・・・(-_-;)


確かに二人の子を同時に世話をするのは
単純に2倍の手が掛かる

1人がやっと寝てくれても
もう一人がぐずることもあり
家事もなかなかはかどらない(T_T)

もちろん日々成長する様子や
みんなの幸せそうな笑顔をみることは
喜びでもあったけど

早く大きくならないかな~とずっと思っていた(^_^;)


それでも双子の育児は苦労ばかりではなくて
双子を連れていると
たくさんの人から声を掛けられて

その多くは「大変だけど頑張ってね」という労いや励ましの言葉♥


「あなたなら育てられると思ったから神さまがプレゼントしてくれたのよ」 って

いま改めて思い起こすと
たくさんの人に支えられて本当に幸せ(●^o^●)





関連記事
スポンサーサイト
note | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。