QLOOKアクセス解析
--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
スポンサー広告
2011/03/12.Sat

大地震(>_<) 3.11 14:46



いままでに感じたことのない不安に押しつぶされそうでした。

地震が起きたその時、ちょうど外出していたので
まず自宅に留守番をさせてきたりんのことが心配でした。

走って帰る途中に、家族の携帯に連絡を取ろうとしてもまったく繋がりません。
何度かメールを打っても配信確認がはいらない。

家に着き、扉を開けた途端のりんの「ワンワン」と吠える声で無事を確認。
そのままの状態で携帯から災害伝言掲示板に
自宅と自分が無事であることの伝言を登録をしました。


家に入ってみると
あちがこちらの棚やシェルフの上の物がたくさん崩れ落ち、
ステンドクラスが割れていました。

りんはクレートの中にいれておいたので無事でした。

テレビをつけて被害の大きさを知るほどに
怖くて怖くて・・・
家族や母たちの安否がわからず本当に心配でした。


ずっと携帯電話で家族へ連絡を取り続け、
途切れ途切れにメールの返信が届くようになり
災害掲示板を利用するように伝えて、
なんとか全員の無事を確認出来たのは
地震から4時間後のことでした。



帰宅途中の駅で1人過ごしていた娘からも
公衆電話から連絡が入り
都内の事務所へ泊まるという主人の元へ
なんとか向かうことが出来ました。

その後、学校で非難していた息子を迎えに行き
午後10時過ぎには自宅に戻ることが出来ました。



まずは、ご家族に連絡がつかないのが1番不安だと思います。
今回の経験から感じたことは
携帯電話よりもネット環境のほうが早く伝わりやすいようです。
災害掲示板は大変有効だったと実感しています。
また、ツイッター等WEB上は比較的安定していたようです。
携帯やネット環境にない場合には
公衆電話が確実に繋がるようです。


子供たちの友人には
ご両親に連絡がつかない ・学校に宿泊するなど
不安な夜を迎える子供たちがたくさんいます。


時間が経つほどに被害の大きさが伝わってきます。
どうかみなさまご無事でありますように・・・






関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
note | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。